読書

久々の読書。
楽しすぎた。

見つけて、すぐに読みたくて
初!電子書籍購入。

惹かれたときに
今までの自分のルールを破る
柔軟性、大事。

※今まで、私の中では電子書籍NO!!!でした。

四字熟語

夢がない。
やりたいことが見つからない。

そういう人達って
実は不満足に満たされていることが多い。

「楽しそうだね」

これ、私にとって褒め言葉。

そして、仰る通り、楽しいです。

何故いまの状態になったか?

言葉で表すと…

「吾唯足知」

というか

「知足者富」

かな?

PAYMENT

個別コンサルティングお申込の方は、こちらからお支払手続きをお願いします。
個別コンサルティング 5万円(税込)




ペイパルアカウントが必要です。

AROMA

人間誰しも「好きな香り」「そうでもない香り」「苦手な香り」がある。

もちろん、好きな香りを楽しむのでOK。

加えて、ここでちょっと私の経験をシェア。

実は「好きではない香り」は、自分の世界を拡げてくれる可能性がある。

私は自我がかなり強い。

だから「これは好き」「これは嫌い」が物凄くはっきりしている。

よって「好きではない香り」を取り入れるのは、以前の私にとって有り得ないことだった。

それが実は、以前「好きではなかった香り」で今は「大好きな香り」となっているものがいくつもある。

何故そうなったのか?

「自分の世界を拡げてくれる可能性がある」と知ったから。そしてトライしてみたから。

自分にとって有り得ないことに、思い切ってチャレンジしたから。

例えばフローラル系の香り。

以前は、甘ったるくて絶対拒否。

ローズ、ジャスミン、イランイランなどなど。。。

最近とっても惹かれて購入した香水は、まさにローズの香り。

面白いのが、ある時期の出来事をきっかけに、一転「大好きな香り」に変わった。

同時に感じるのが、間違いなく私の世界も拡がったこと。

他には、ココナッツ系の香り。

どうしてもコパトーンのイメージが強すぎて、どうにもこうにも使いたくなかった香り。

そして今、使っているシャンプーの香りはまさにココナッツ。

思うのは、可能性を拡げるも狭めるも自分次第。

私の場合、好きではないけれど、拡がる可能性があるのであれば!

と、それらの香りを身近に置いてみた。トライしてみた。

もちろん、すぐに日常的に使えるようになったのではない。

色んな出来事と相まって、ある時気づけば「好きな香り」に180度変化していたのだから不思議。

それは近くに香りを置いていたから体感できたこと。

予め自ら可能性の芽をつみとってしまうのは、何だか勿体ないのではないかな?

と感じている。